elderlyママのぼやき

銀座の高齢なママです。夜な夜な話を書いています。

今年こそお供させて下さい。

 緊急事態宣言が解除されたので東京へ行ったら寄りたい店があります。

 当店があった通りの並びにある寿司屋さんです。

 前回銀座に行った際に様子を窺った時は他店と同じように『しばらく休業します』の張り紙が貼られていました。

 この寿司店の男社長は70才くらいですが、若い頃から老人ホームの慰問を続けています。

 ホーム内に屋台セットを作って入所者に寿司をふるまうのですが、一昨年、
 
「ママ、来月の『敬老の日』、老人ホームの慰問に付き合ってくれない? 去年行った時に今度は銀座のママを連れて来るからっておじいちゃんたちに約束しちゃったんだよ」

 と誘われました。

「いいけど、私なんかが行ってもいいものなの?」

「もちろんだよ。みんな銀座のママを見たことがないって言うし、施設長なんか大乗り気でさ」

 敬老の日は祭日で店も休みだし、いずれ自分も行くかもしれない施設なので見ておきたい気持ちもあって二つ返事でOKしました。

 ところが、直前になって、同じ敬老の日にOB会の予約が入りました。

 25名という大人数に、気持ちがぐらつきました。

 寿司屋の社長に相談すると、

「それはそっちを優先すべきだよ。俺たちは客あっての商売なんだから。気にしなくていいよ」

 本当のところはわかりませんが、理解を示してくれました。

 後ろめたさはあったものの、その言葉に甘えてOB会を優先させてしまいました。

 後日、慰問に同行した板前さんに、

「どうだった? 銀座のママが来なくて皆さんガッカリしてなかった?」
 と訊ねると、

「大丈夫でしたよ。社長の妹さんが着物を着て銀座のママのふりをして参加しましたから。でも、『銀座のママはそんなに厚化粧でデブなのか! 銀座のママもたいしたことないな』っておじいちゃんたちにヤジ飛ばされてましたよ(笑)」

「そう。良かった!」

 盛り上がっている光景が浮かんでほっとしました。

 ですが、直後に、

「でも社長が慰問が終わった後にママを慰労したいからって川魚のバーベキューを予約してたんですよ。釣りたてのにじますを食べさせてあげたいって。ママの好きな日本酒も用意して」

 板前さんが悪気なく口にした言葉が刺さってしまいました。 

 その後、路上で会っても社長は相変わらずにこやかで態度を変えることはありませんでしたが、私の方がダメでした。

 気まずさが消えずに、店に行かなくなってしまいました。

 歯がゆいのですが、私にはこうした気の弱さが昔からあるのです。

 閉店する日、店が終わってからあいさつに行ったのですが、『早じまいしました』の紙が貼られていて会えずじまいでした。

 時が経つに連れて膨らむ後悔というものがあるようで、あの時に破ってしまった約束が今も何かの折りに頭をもたげます。

 社長とはホステス時代からの長い付き合いで、同業者割引の安い料金にも関わらず行くたびおいしいお寿司を出してくれて、お客様も紹介してくれました。

 信用をなくしてしまったようで、去年は老人ホームに誘ってもらえませんでした。

 でも店をやめた今年なら行けます。

 こうしたご時世ですから、老人ホームのご事情もあると思いますが、行かれるのならお供したいです。

 今度お邪魔した時に社長にお願いするつもりです。

 

 



 



 

 

愛社精神

 店をやめたのでもう銀座のママではなく、店での日常や出来事などをブログに書けなくなってしまいました。

 ブログを続けるべきか否か迷ったのですが書き続けたい気持ちの方が勝りました。

 40年もいたので銀座には思い出がいっぱいです。
 
 これからは自分史の一環として、相変わらず銀座に特化した懐古ブログを書いていこうと思います。

 
 早速ですが、今朝コンビニの菓子コーナーに行って思い出したお客様がいたのでその方を書きたいと思います。

 その方は菓子メーカーの◯◯社にお勤めで、当店のお客様になってくれた頃は『菓子営業部』というセクションの課長でした。

 自社の菓子に向けた愛情や熱量は半端なく、

「一日一個はうちの菓子買えよ」
 だの、

「新商品はコンビニで買ってくれよ」
 だのと、来店するつど女性たちに頼みこんでいました。

 私にも、

「このチョコはカロリーが低いからメタボのお客さんに出して」

 と、指示していました。

 小柄で小太り、身なりも構わない風貌だったので、

「どんくさい」
 
「菓子メーカーの社員らしくちょっとはおしゃれして欲しいよな」

 などと陰口を叩かれていましたが愛社精神は誰にも負けないほど抜きん出ていました。

 10年ほど前◯◯社は、経営統合してホールディングスを設立、社名も変更して大変容を図りました。

 すると新体制のもと、彼は引き上げられて執行役員に抜擢されました。

 誰もが予想できなかった異例の人事で大騒ぎになりました。

 一番驚いたのは当のご本人と思いますが、失礼ながら私も、

「企業もバカじゃない」
 と思いました。

 見ている人は見ていたということです。

 昨今は、

愛社精神なんて気持ち悪い。死語」

「今どきそんなこと言うやついない」

 という風潮らしいです。

 会社もブラックだったり、守ってくれなかったりで考え方は人それぞれですが、しかしながらあそこまで純粋に自社商品を愛せた彼は幸せだったと思います。

 彼は今、大出世されて偉い椅子に座っています。

f:id:ElderlyMom:20200520100548j:plain 耳にタコができるほど聞かされたスローガンがあるので記しておきたいと思います。

 菓子を食べながら喧嘩するやつはいない!

 戦争するやつもいない!

 菓子は世界に貢献しているんだ!

 

 




 

 

 

 





 

 

 

声帯ポリープ

 若い頃の話ですが、32才の厄年に『声帯ポリープ』の手術をしました。

 カラオケの歌い過ぎが原因だったのですが、この時の声帯ポリープのおかげで学ばせてもらったものがありました。

 それは、身障者への関心です。f:id:ElderlyMom:20200513111341j:plain

 退院の日、タクシーで帰ったのですが、行き先を書いた紙切れを黙って運転手さんに渡すと彼は私を口のきけないろうあ者と思ったようで、

「ちゃんと連れてってあげるから安心して乗ってな」

 こわもての顔に反して、それは優しく言ってもらいました。

 退院前の診察で、

「3日間は誰とも話さないように。声帯に負担がかかりますから」
 
 医師に言われていたからですが、タクシーを降りた後に寄ったスーパーでもろうあ者と勘違いされて店員さんに親切にしてもらいました。
 
 手話の出来る鮮魚やさんもいたのには驚きました。

 あの頃の私は、

 視覚障害者用の黄色いタイルを平気で踏みつけていましたし、

 住居のエレベーターの壁に貼られた大きな鏡が、車椅子の人が降りる時に後ろを確認するためのものとも知らずに管理人さんに、

「鏡があると夜中怖いんですよね。外してもらえないですか」

 文句を言いに行く始末でした。

 バスに乗っている時も、車椅子の身障者を乗せるために運転手さんが車体の横からスロープ台を取り出すその時間に、

「急いでいるのに…、時間のロスだわ」
 
 いらだっていました。

 何と愚かだったことでしょう。

 声帯ポリープの手術前、

「採取して組織を調べてみないと悪性かどうかわかりません」

 医師の言葉に怖い思いもしましたが、あの時に声帯ポリープを発症して良かったと今は思っています。

 あの時の貴重な体験がなかったら今でも私は身障者に無関心なままだった筈です。

 最近やたらと虫を殺す夢や、お金を拾う夢を見ます。

 スマホの夢診断で調べたらストレスと寂しさが原因のようでした。

 コロナ騒動で生活が変わってしまったのですから致し方のないことです。

 みんながそうなのですから。 

 長く生きて来て思うのですが、神様は必要な時期に必要な試練を必要な者たちに授けて下さっているような気がします。

 そして今がその時に思えてなりません。

 

 

 

 

 


 

図書カード

 机の引き出しに10数枚の図書カードが入っています。

 4月の、お客様の人事異動に向けて用意したものです。

 当店は、お中元やお歳暮もそうですが、お祝いごとなどにも図書カードを差し上げてきました。

「孫に絵本をプレゼントして喜ばれた」
 だの、

「ちょうど娘の参考書を買おうと思っていたんだ」
 
囲碁の本を買って勉強中だよ」 

 だのの嬉しいお言葉をちょうだいすることが多かったからです。

 閉店を決める前の2月末頃、

「まだ内緒だけど内示が出たんだよ」

 と、ご昇進の報告にいらしてくれたお客様がおりました。

「福岡に栄転が決まったf:id:ElderlyMom:20200506083542j:plain

 と、初めての単身赴任を楽しみにしておられたお客様も、定年退職で第二の人生をスタートされるお客様もいらっしゃいました。

 こんな事態になるならせめてこの方々だけでもお渡ししておけば良かったと悔やまれてなりません。

 郵送という手段もありますが、そもそもがお客様のどなたにもまだ閉店を知らせていません。

 在店していた女性から聞かされたお客様もいると思いますが、それ以外の方々は政府の要請を受けて自粛休業中と思っている筈です。

 このコロナ騒動が収まったら再開するものと…。

 そんな日は来ませんし、本来なら長年のご愛顧を深謝してお礼状を送るべきなのですがその気になれていません。

 今年は新聞の人事ニュースに目を通しませんでしたし、チェックもしていません。

 しかしながら、ご昇進、ご昇格、ご栄転されたお客様方がいらっしゃった筈です。

 もうお会いすることは叶わなくなったので、その方々に、ここにお祝いの言葉を述べさせていただきたく思います。


『このたびは誠におめでとうございます。
 私も自分のことのように嬉しく思っております。
 今後のますますのご活躍とご栄進を心よりお祈りいたします。
 どうぞお身体にお気をつけてお過ごし下さいませ』

 

 

 

 

 

 

 

 

5本のボトル

 スティホームのさなかですが、銀座に来ています。

 このところ、休業中の店を狙った空き巣が多発しているようで、ニュースを見るたび心臓をバクつかせていました。

 店に、盗られて欲しくないものを残して来てしまったからです。

 写真の、5本のボトルです。

 酒ごとき?
 
 と、失笑を買いそうですが、私にとってはかけがえのない大事なものです。

 鬼籍に入られたお客様方のボトルですが、二週間前におおむねの片付けを済ませた後、

「引き渡しまでお店をお守り下さい」
 
 手を合わせてあえて置いて来ました。

 それを今日取りに来ました。 

 今は朝の11時です。

 街中に人がいないのは前回同様ですが、あちらこちらのショーウインドウから商品が消えているのに驚ろかされています。

 高級靴で有名な『ルブタン』や『ヴィトン』、『ドルチェ&ガッバーナ』など、軒並みです。

 空き巣対策でしょう。

 当ビルは、照明を落としているせいで薄暗く、誰が潜んでいてもおかしくない様相です。
 
 怖いです。

 鍵を開けて店内に入ると5本のボトルは無事でした。

 当店は高級クラブではないので、元々高級酒も値の張る絵画なども飾っていませんが、もしも空き巣が侵入した際に盗る物がないのに腹を立ててこれらのボトルを割ってしまわないか心配だったのです。

 用意して来たバスタオルでそれぞれをくるむと、頑丈な手提げ袋に入れて店を出ました。

 かなりな重さですがホッとしました。

 今、93歳になる母と地方で暮らしています。

 この母が、赤ちゃん返りと言いますか、甘え癖がついてしまって、私の姿が見えないと大騒ぎします。

 今回東京に来るのも言い聞かせが大変でした。

 乗り継ぎが良くないので片道4時間近くかかりますが夕方には戻れそうです。

 帰ったら母にこれらのボトルにまつわる話をしてあげようと思います。

 このボトルを飲まれていたお客様はね…

「34年前に開店した時、一番乗りで来て下さったのf:id:ElderlyMom:20200430094738j:plain

 この方はね…

「がんの闘病中に、病院を抜け出して飲みに来たのよ。完治してシニアのマラソン選手になったの」

 この方は…

「84歳まで来店された博士で、ノーベル賞候補になったこともあるのよ」

 この方は…

 この方は…

「皆さんにすっごくすっごくお世話になったの。この方たちがいなかったらお店は続けて来れなかったのよ」

 そう教えたら、ありがたがって母もこの5本のボトルに手を合わせてくれる筈です。

 



 

 


 

 

 

あの頃の若かった記者たちへ。

 銀座はマスメディアの街でもあり、地方の放送局、テレビ局、新聞社などの東京支社が数多くあります。

 当店もそれぞれの媒体には少なからずお世話になりました。

 中でも地方紙の若い記者たちにはひんぱんにいらしていただきました。

 それまで知らなかったのですが、彼ら地方紙の記者同士は非常に仲が良く、例えば北海道紙と沖縄紙が飲んでいるところに四国紙と中部紙が交ざるといったような光景はよく見られました。

 彼らは最低でも3、4人、多ければ10人単位でやって来るのですが、社用費や交際費が使えないのでいつも自腹でした。
 
 おかげでしょっちゅう値切られました。

 給料日の前日など5人くらいで来て、

「今日は金ないんでこれでお願いします」
 
 と三千円ずつを差し出された時は、

「お金がなかったら飲まなきゃいいでしょう!」

 さすがに癇癪を起こさずにはいられませんでした。

 若い彼らは一旦座ったら長く、なかなか帰らないので席が空かないのもそうですが、ウイスキーbottleを数本も空けたりするのです。

 隣で飲まれていた企業の幹部が、

「若い時は金がなくて当たり前だ。飲ませてやれよ。請求書はこっちに回していいから」

 救済の手を述べてくれたこともありました。

 腹立だしく思いながらそれでも彼らを拒めなかったのは、

 一つには、彼らが息子と同世代だったこと。

 二つには、中高年のお客様ばかりを接待している当店の女性たちにたまには若い男性をというママ心。

 そしてこれが一番大きな理由だったのですが、彼らの仕事への使命感、情熱といったものに動かされていたからです。

 飲みながら仕事の話にシフトすることはしょっちゅうで、

「俺が書いたから福祉が動いたんだ」
 だの、

「一石を投じたつもりが非難ざんまいでf:id:ElderlyMom:20200421090044j:plain終わってしまったよ」
 だの、

「子供の頃から追いかけたやつがオリンピック選手に選ばれた!」
 だのの、やりがいや悔しさ、喜びなども共有させてもらいました。

 彼らはまた年々減少する新聞の発行部数や、経営の脆弱化にも危機を強めていました。

 東日本大震災の影響で岩手東海新聞が廃刊に追い込まれたり、岡山日日新聞社が倒産した時はお通夜のように沈んでいました。

 今、テレビでは毎日のように地方知事や自治体が新型コロナウイルスの会見を開いています。

 その会場に見知った記者がいないかつい探してしまう自分がいます。

 新聞というメディアの役割は彼らから教わったつもりです。

 新聞離れが止まらず、スマホでニュースを読む時代と言われてもそのニュースを取材して記事を書き、配信しているのは彼ら新聞記者たちです。

 地方紙だろうと全国紙だろうとペンの力に優劣はありません。

 あの頃、何かと言えば、
「先行投資して下さいよ」
 と飲食代を値切られました。

「偉くなったら恩返ししますから」
 
 このセリフも耳にタコが出来るほど聞かされましたが、ただの一度も恩返ししてもらっていません。

 店もcloseしたし、あなたたち記者と顔を合わせることももうなさそうです。

 こうなったら今あなたたちの出来ることで恩返しをして下さい。

 幸いにもあなたたちはペンという強い武器を持っています。

 そのペンで国民に正確なニュースを伝え、希望も伝え、身動きが出来ないでいる我々を救って下さい。

 お願いしましたよ!

 


 

 

黄金の思い出:ステキな作家たち

 今日も店の片付けをするために銀座に来ました。

 外出自粛は厳守したいものの、この片付けばかりは店を明け渡す期限があるのでやむ終えません。

 当初は、専門業者に頼むつもりだったのですが、こうした最中、見知らぬ業者との対面や打ち合わせに臆してしまい、結局は一人でやることに決めました。

 朝の八時に銀座に着いたのですが、テレビでも放映していたように人の姿はまったくありません。
 
 当店舗が入居しているビルは館内の全照明を落としているせいでうす暗く、怖さを感じます。

 店は地下一階にあるので、スマホの電灯アプリを照らしながら階段を降りるのですが、不審者が潜んでいないかドキドキします。

 鍵を開けて店内に入るとホッとしました。

 それでも早く片付けて帰りたいので、一目散に更衣室に入りました。

 今日は女性たちが置いて行ったドレスや靴などを処分する日です。

 感慨に浸る間もなく、ハンガーから手早くドレスを外していると後ろの棚に数冊の単行本が見えました。

 全部が東野圭吾さんの本です。

 女性の誰かが忘れていったのでしょう。

 東野圭吾さんといえば、銀座がお好きなようでよくお見かけしました。

 俳優のごとくスラリとしたイケメンで、服装はいつも黒ずくめでした。

 いつでしたか、お一人で歩かれていた時に、

「東野さん、当店にもお入りいただけませんか?」
 
 冗談半分でお声がけしたら、

「客引きしてるんですか?」
 
 と笑っておられました。

 もちろん入っては頂けませんでしたが。

 小説家に限って言えば、「新宿鮫」を書かれた大沢有昌さんにもお目にかかりました。

 ごく最近で、2月頃だったと思います。
 いつものごとく店の前に立っていたらお二人で歩いて来られるのが見えたので凝視していたせいかと思うのですが、目の前で歩を止められ、
「どこかで、お会いしましたか?」
 とf:id:ElderlyMom:20200414122255j:plain話しかけて下さいました。

 新宿鮫は読破していたので、
「鮫島警部のファンです」
 と正直にお答えしたら、
「ありがとう」
 とおっしゃっていただきました。
 見るからにダンディーで、醸されていた雰囲気もダンディーで、何ともステキな方でした。

 北方謙三さんには、店の場所を聞かれました。

 作品からしてハードボイルドのイメージだったのですが、実際は小柄で優しそうなおじさんでした。

 あとは…
 
 伊集院静さんもお見かけしました。
 かなりの長身で、足早に歩かれておりました。
 トレンチコートがとてもお似合いでした。

 漫画家の、「島耕作」を描かれた弘兼憲史さんもお見かけしましたが、その少し前に何かの雑誌に、
「銀座は態のいい高級売春宿である」
 といったようなエッセイを書かれていたので、冷たい視線を向けてしまったような気がします。

 いずれにしても、胸をはやらせながら読みふけった本の作者方にお会い出来たのは貴重な体験でした。

 場所柄男性作家ばかりでしたが、銀座にいなければこうもお見かけすることはなかったと思います。

 ミーハーと言われそうですが、本好きな私に取ってはいつまでも覚えておきたい黄金の思い出です。