elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業と母親の介護に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

銀座のママは長生きするそうです!

 暇な日はたいてい表に立っています。

 店に居たたまれないのが一番の理由ですが、知り合いのお客様が通りかかって入って下さるラッキーもあるからです。

 通りを眺めているとよくお見かけする、和服の老女が新橋方向から歩いて来ました。
 
 どこぞの店のママと思われますが、いつも重たげなバッグと紙袋を手にしています。

 150㌢あるかないかの小柄ですが、芸者のように大きく襟を抜いた着付けときれいに撫で付けられた御髪(おぐし)は古き良き時代の銀座のママを感じさせます。
 
 80歳は越えているようにお見受けしますが、銀座には有馬秀子さんとおっしゃって101歳までお店をやられたママもおりました。

徹子の部屋」にも出られたのでご存じの方も多いと思います。

 いつでしたか、口の悪いお客様に、

「政治家と銀座のママは長生きするよ。どっちも悪人だからな」
 
 と言われたことがありました。
 
 真偽はさておいても、長生き出来るのはありがたいことです。

 周囲には70代のママも結構いますし、私もそれなりに高齢です。
 
 ですが健康だし、記憶力も衰えていなければ、酒量も落ちていません。

 どうせなら「銀座最後のママ」と言われるまで頑張りましょうか?