elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業と母親の介護に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

銀座のホステスは『花より団子』です!

 暇な日は例外なく表に立っていますが、時々、「バカじゃないの!」と説教したくなるような客に出くわします。 

 それは、花束を手に歩いている客です。f:id:ElderlyMom:20200927105049j:plain
 
 にやついているのは、お気に入りのホステスなりママなりに渡して、喜ぶ顔を想像しているからでしょうが残念!!

 大抵のおねえちゃんやママは喜びませんよ。

 誕生日に渡す花束だったら、

「ありがとう! 覚えていてくれたのね!」
 
 一応は、大喜びで抱きつくかもしれませんが、それは演技です。
 
 内心では、

(花よりケーキ持って来てよ。マジ気がきかないんだから。だからモテないのよ)

 と、毒を吐いている筈です。

 長く銀座にいるから私には彼女達の気持ちがよおくわかります。

 花をもらっても何故嬉しくないかと言いますと、

「しょっちゅうもらって慣れているから(また花かぁ(..))」

「家に花瓶がないから」

「電車で持ち帰りたくないから」

「手入れも処分も面倒くさいから」
 
 などの他に、男が思うほど女は花が好きじゃないのです。

 私が立っているビルの並びには、有名なケーキ屋さん、今話題のスイーツ焼き芋屋さん、サンドイッチ専門店などもあります。f:id:ElderlyMom:20200927105230j:plain

 夜の10時頃ともなればホステス達はお腹を空かせています。
 
 高いお金を払って花束を作ってもらうなら、そのお金で食べ物を手みやげにした方が何倍も喜ばれること間違いなしです。

 バカの一つ覚えみたいに花、花、花はもうやめましょう。

 当店にも、

「こんなに来てるのに全然モテない」
 
 と嘆く客がいますが、この彼もひいきの彼女によく花を買って来ます。

 ですがその彼女は、

「お店に飾って下さい」
 
 と言っていつも置いて帰ります。