elderlyママのぼやき

銀座の高齢なママです。夜な夜な話を書いています。

『水商売』という仕事

 地方に嫁いでいる従姉妹から電話があって、
「うちの旦那が来週お得意さん連れて東京行くんだけど、銀座で飲みたいそうだからあんたの店で飲ませて上げてくれない?」
 と頼まれたので、

「この時期は無理。忘年会で埋まってるから」
 と嘘をついて断りました。

 春頃に、
「息子が会社の上司にあんたの店の話したら、案内しろってうるさいらしいのよ」
 と言って来た時も最もらしい理由をつけて断りました。

 店に入れたくないからです。

 長い年月私はこの従姉妹に煮え湯を飲まされて来ました。

 水商売を毛嫌いしている彼女は、私をも嫌悪し、親戚が集まる席で私が男衆にビールでも注ごうものなら、
「さすがに注ぎ方がうまいわね」
 と、皮肉ったり、
「あんたが一番稼いでるんだからここは持ちなさいよ」
 と支払いを押し付けたりしました。

 リーマンショックの影響でまともに客が入らず、抱えている借金もいっこうに減らずに頭を抱えている時期でした。

 彼女に見下されるまでもなく水商売は偏見の塊です。

 誰よりも私が知っています。

 飲みにいらっしゃるお客様でさえ、
「こんなところで働いているのを親が見たら悲しむよ」
 とアルバイトの学生に説教しますし、

「俺だったら、自分の彼女を絶対こんなところで働かせない!」
 と言い切るサラリーマンf:id:ElderlyMom:20191213173946j:plainもいます。

 おかげで自分の仕事にプライドを持てずに来ました。

 彼女いわく、私は家系の恥さらしだそうです。

 それならこんな恥さらしに都合のいい時だけ連絡して来ないで、という話です。

 旦那や息子に罪はないけど、この先何度頼まれても店に入れるつもりはありませんから。