elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

ご祝儀はずみます!

 当店の女性が結婚するそうで、報告をもらいました。

 お相手はテレビ局にお勤めのサラリーマンで、三年お付き合いしてのゴールインだそうです。

 彼女の結婚報告で何が嬉しかったかと言いますと、
「ママ、これ」
 と結婚式の招待状を渡されたことです。

「必ず出席して下さいね」
 と言われたので、
「…いいの?」
 彼女の顔をマジマジ見てしまいました。

 当店の女性たちのほとんどは昼間、正社員なり派遣なりで働いています。

 なので夜、銀座でアルバイトしていることは会社は無論、親にも彼氏にも内緒にしているので、結婚となった時f:id:ElderlyMom:20200110203428j:plain挙式に呼ばれることは決してありません。

 どころか、駅の構内や電車内で会ってもそ知らぬ顔をされます。

 彼女たちからしたら、年食った和服の女性と一緒のところを万が一にも昼間の仕事の関係者に見られたらアウトなわけで、そうした場合は無視しても構わないとあらかじめ伝えてあるからです。

 ですから知らぬ顔をされたところで動揺はしませんが、寂しさはあります。 

 共に働いているのに、店の外ですれ違ったら知らん顔…中々ないケースです。

 招待状をくれた彼女は大学四年からアルバイトを始めて、就職してからもいるので通算六年になります。

 飛びっきりの美人ではありませんが、やや天然で裏がなく、とてもチャーミングな女性です。

 お相手がバツ2だそうで引っ掛からないでもないですが、めちゃくちゃ彼女を愛しているそうですからきっと大丈夫でしょう。

「マジで来て下さいね。ここでアルバイトしてるのは彼にも言ったし、両親も参列していただきなさいと言ってるので」

 何ともオープンで、心暖まります。 
 出席させてもらうかどうかは考えさせていただくにしても、

 ご祝儀ははずみますよ!
 
 期待して下さい!