elderlyママのぼやき

銀座の高齢なママです。夜な夜な話を書いています。

『きゅうくつなポジション』

 お得意様のMさんがご昇進されたのは昨年の10月です。

 それまでの資材部長から常勤監査役への異動で、大抜擢だったそうです。

 監査とは、会社が健全に経営されているか、不正がないかをチェックする部門なので、当然ご自身も清廉であらねばなりません。

 それまで毎晩のごとく、あちらこちらの取引先から接待を受けて銀座の夜を享受していたMさんは自重を余儀なくされてしまいました。
 
 会社の同僚ともうかつに飲めなくなり、どころか避けられるようにさえなったそうです。

 しょうがなく、早めに帰宅すると今度は奥さまにイヤなお顔をされるそうで、
「本当は自腹で飲みたくないんだが…」
 と言いつつ、お忍びで見えるようになりました。

 それも、 
「うちの会社の人間はf:id:ElderlyMom:20200118130512j:plain来てないか?」
 事前の電話確認は必須になり、扉が開くたびキョロキョロと落ち着きません。

 お帰りの際も、
「ここでいいから」
 と表まで見送らせず、空き巣のごとくこそこそと出て行きます。
 
 監査に抜擢された当初は、
「個室を与えられた」
 だの、
「秘書も付いた」
「年俸は二倍になった」
 だのと有頂天になっていたのですが、これらの不自由さは想定外だったようです。

 それなりにお気の毒とは思っていたのですが、最近になって飲み方がガラリと変わり、同情出来なくなってしまいました。

 何と、若い女性を相手にエロ話や下ネタばかりを連発するようになったのです。

 ニヤつきながら、
「君と混浴に入ったら君は最初にどこを洗うのかな? 胸かな? それとも…」

「○○の時、君はどんな顔をするんだろうな?」

 当たり前ですが女性たちは引いています。
 
 陰で、『妄想親父』とあだ名をつけて席に着くのもイヤがっています。

 あれほど村上春樹を熱く語り、それゆえノーベル賞の正当性まで説いていた彼はどこへ行ってしまったのでしょう。

 思うに、お姉ちゃんを誘ったりくどいたりが出来なくなった彼の脳回路がさ迷ったあげくに、妄想という名の桃源郷を探し当てたというところでしょうか。

 近頃ではMさんが見えると女性たちが更衣室に隠れてしまうので、引っ張り出すのが大変です。