elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

誰のために何のために。

f:id:ElderlyMom:20200130102210j:plain ブログは母親のために書いています。

 34年前にお店をオープンした時母は店を見に来ませんでした。

 同居していながら何かとぶつかり、距離もあった時期だったので来づらかったのだと思います。

 後になって、
「一度は見ておかないとね」
 と言っていたのですが、地方に引っ越したり、タイミングが合わなかったりで今だに店を見ていません。

 最近になって母が、銀座を特集したテレビ番組を好んで見ていることに気づきました。

 散歩番組やグルメ番組が流れると食い入るように見ています。

 そして、

「ずうっと前にトンカツサンドを買って来てくれた店が映ってたわよ。お肉が柔らかくておいしかったわね」
 などと話してくれます。

 私は、親不孝をしていたのではないだろうか!
 
 ふっとそんな思いが胸をかすめたのは去年の秋頃でした。

 お店がオープンした当初母は、

「お客さんは入ってるの?」
「女の子たちは居着いてるの?」

 気になるようで執拗に訊いて来ました。

「まあまあね」
「それなりにね」
 
 面倒くさがっておざなりにしか答えないものですから、その内には母は何も訊いて来なくなりました。

 本当は訊きたくてしょうがなかったのだと思います。

 この1月で93歳を迎えた母を、エレベーターなしの地下の店舗に連れ出すのはもはや無理になりました。

 しかしながら、話ならいくらでもして上げられます。

 今さらながらですが、娘の働いている銀座や店の話をたくさん教えてあげたくなりました。

 週末だけしか会えないので、録音して聞かせることを考えたのですが、補聴器を嫌がりました。

 それなら、

 ご長寿作家の瀬戸内寂聴さんや佐藤愛子さんの本を、老眼鏡にハズキルーペを重ねて読んでいる母に打ってつけなのは書いたものを読んでもらうことでした。

 ブログを思い立ったいきさつです。

 どんなお客さんが来店するのか?
 どんな女性たちが働いてくれているのか? 

 日々の出来事も含めて、事細かに綴りたいと思っています。

 もう少し書きためたら、母が読みやすいように推敲して冊子にまとめるつもりです。

 そしてプレゼントします。

 万が一にも間に合わなかったら、何度も再生をせがまれた店の動画と一緒に棺に入れます。

 その時は天国で、大好きだった祖父母や叔母さんたちと読んでくれたらとてもとても嬉しいです。