elderlyママのぼやき

銀座の高齢なママです。夜な夜な話を書いています。

棚からぼたもち

f:id:ElderlyMom:20200304165806j:plain 営業中、同じビルの3階でスナックをやっているママが訪ねて来たので何かと思ったら、

「今週いっぱいで店を閉めることになったのでご挨拶に伺いました」
 というものでした。
 
 当ビルでは私が営業歴が一番長いので『牢名主』とでも思われているのか、何かと挨拶に来てくれるママが多く、彼女もその一人です。
 
 二年前に店を開いた時も、
「銀座に店を持つのが夢だったんです」
 と瞳を輝かせながら挨拶に来てくれました。

 コロナウイルスの影響で休業したり、畳む店が相次いでいるので、彼女もそうかと思ったらちょっと違っていました。

「こんな時に不謹慎ですけど、私、コロナウイルスには感謝しているんです」

 と言うので、わけを訊くと、

「実は、開店当初から売り上げが悪くてやって行けず、閉めて八戸に戻りたいと思ったのですが、反対を押しきって出て来た手前、容易に帰れなかったんです」

 持って来た資金も底をつき、にっちもさっちも行かなくなっていたそうです。
 そうした時、コロナウイルスが流行ったので、

「両親は心配してすぐにも帰って来いと言うし、友人たちも青森は感染ゼロだから安全だと心配してくれるし」

 おかげで、しかたなく銀座を去るふりで八戸に戻れると、大義名分が出来たことに彼女は感謝しているのでした。

「これ、八戸名物の『せんべい汁』と『サキイカ』なんです。お客さんに配れって、父親がしょっちゅう送って寄越すのでたまってしまって…。良かったら皆で食べて下さい」

 両手に下げて来た大きな紙袋を渡してくれました。

 正直、後味のいい話ではありませんでしたが、

 彼女はまだ30半ばです。
 プロレスラーを目指していたこともあるそうで体格は立派だし、物まねタレントのりんごちゃんに似て愛嬌もあります。

 八戸で仕切り直して下さい。
 二年間、お疲れ様でした。