elderlyママのぼやき

銀座の高齢なママです。夜な夜な話を書いています。

愛社精神

 店をやめたのでもう銀座のママではなく、店での日常や出来事などをブログに書けなくなってしまいました。

 ブログを続けるべきか否か迷ったのですが書き続けたい気持ちの方が勝りました。

 40年もいたので銀座には思い出がいっぱいです。
 
 これからは自分史の一環として、相変わらず銀座に特化した懐古ブログを書いていこうと思います。

 
 早速ですが、今朝コンビニの菓子コーナーに行って思い出したお客様がいたのでその方を書きたいと思います。

 その方は菓子メーカーの◯◯社にお勤めで、当店のお客様になってくれた頃は『菓子営業部』というセクションの課長でした。

 自社の菓子に向けた愛情や熱量は半端なく、

「一日一個はうちの菓子買えよ」
 だの、

「新商品はコンビニで買ってくれよ」
 だのと、来店するつど女性たちに頼みこんでいました。

 私にも、

「このチョコはカロリーが低いからメタボのお客さんに出して」

 と、指示していました。

 小柄で小太り、身なりも構わない風貌だったので、

「どんくさい」
 
「菓子メーカーの社員らしくちょっとはおしゃれして欲しいよな」

 などと陰口を叩かれていましたが愛社精神は誰にも負けないほど抜きん出ていました。

 10年ほど前◯◯社は、経営統合してホールディングスを設立、社名も変更して大変容を図りました。

 すると新体制のもと、彼は引き上げられて執行役員に抜擢されました。

 誰もが予想できなかった異例の人事で大騒ぎになりました。

 一番驚いたのは当のご本人と思いますが、失礼ながら私も、

「企業もバカじゃない」
 と思いました。

 見ている人は見ていたということです。

 昨今は、

愛社精神なんて気持ち悪い。死語」

「今どきそんなこと言うやついない」

 という風潮らしいです。

 会社もブラックだったり、守ってくれなかったりで考え方は人それぞれですが、しかしながらあそこまで純粋に自社商品を愛せた彼は幸せだったと思います。

 彼は今、大出世されて偉い椅子に座っています。

f:id:ElderlyMom:20200520100548j:plain 耳にタコができるほど聞かされたスローガンがあるので記しておきたいと思います。

 菓子を食べながら喧嘩するやつはいない!

 戦争するやつもいない!

 菓子は世界に貢献しているんだ!