elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

『親不孝通り』

f:id:ElderlyMom:20200618101223j:plain 先週『かりそめ天国』で、『川口浩探検隊』というかなり昔の番組を再放送していました。

 流れたのはほんの数分でしたが、MCのマツコさんも有吉さんも大興奮されていました。

 3月に閉じた当店は、『西五番街通り』という通りにあったのですが、この通りは別名『親不孝通り』と呼ばれていました。

 由来はこの『川口浩探検隊』の隊長役だった川口浩さんにあって、彼が若い頃に親のお金で毎晩のようにこの通りを飲み歩いたから名付けられたのだそうです。

 川口浩さんのご両親といえば小説家の川口松太郎さんと女優の三益愛子さんです。

 名だたるサラブレッドですが、その放蕩ぶりは親の身上を潰すほどだったそうです。

 こうしたエピソードを教えてくれたのは昔から銀座にいる花売りのおばさんですが、

「だからこの通りは縁起が悪いって言われてんのよ。親の怨念がこもってるからだろうね」

 などとも言って店を始めたばかりのまだ若かった私をブルわせました。

 というのも、ちょうどその頃、店のはす向かいにあった『写楽』という大衆寿司屋が店舗を畳み、その隣のダイニングバーも、当店の隣にあった『BIG-FIVE』というクラブも相次いで閉店していたからです。

「別の通りにすれば良かった!? うちの店もつぶれるかも!」

 今にして思えば、何とうぶだったのだろうと笑えますが、新米ママだったあの頃は真剣に悩んだものでした。

『かりそめ天国』のおかげで、30年以上も昔を思い出し、なつかしむことができました。

 縁起が良くないと言われた通りでしたが、私に取っては『happy通り』でした。

 何よりも長い年月店をやって来れました。

 『親不孝通り』、万々歳です🙌