elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業と母親の介護に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

老親を泣かせてしまいました😢💧

 93歳にもなる母親を泣かせてしまいました。

 泣かせるつもりはなかったのですが、不用意な私の物言いが原因でした。

「ねぇ、おかあさん。もしもだけど私がおかあさんの面倒をみれなくなったらどうする? 施設に入る? それとも『和雄』に来てもらう?」

 和雄というのはこの10年音信不通になっている私の兄です。

 何の悪気もなく発した言葉だったのですが、母は私に見捨てられると勘違いしたらしく、

「あんたの人生なんだからあんたの好きにしたらいいじゃないの! 私は一人で生きて行くわよ!」

 強い口調で返して来ました。
 
 目元は真っ赤に充血して今にも涙を落としそうでした。

「何を言ってるの? そういう意味で言ったんじゃないわよ」

 なだめてもしばらくは落ち着いてくれませんでした。

 先月、私は持病の貧血を再発させて丸一日動けずにいました。

 この時、ベッドに横たわりながらあれこれ考えさせられました。

 我が家は『老老介護』です。

 娘の私が先に逝かないとも限りません。

 そうなったら母はどうなるでしょう?

 話し合っておかなければと思ったのでした。
 
 母親を泣かせたのはこれで二度目です。

 以前読んだ、リリー・フランキーさんの『東京タワー』に、

「母親を泣かすのはこの世で一番いけないことです」

 と書かれてありました。

 当時、一人息子にも読ませて、

「わかった? 母親を泣かせたらダメなのよ!」

 脅したものでしたが、その私がまたも親を泣かせてしまいました。

 大好きなお酒もやめて、ショックな言動は老親の命取りになると心して、そうして臨んだ介護だったのに…。

 あの時の母の顔には、不安も恐怖も失望もありました。

 あれから意識して、
 
「私はどこにも行かないからね。追い出されたって行くとこないんだから」

 同じ言葉をことあるごとに繰り返しています。

 一日も早く母に安堵を取り戻させたいからです。