elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業と母親の介護に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

前途多難

 昨日のことです。 

 我が母は起床すると毎朝のルーティンで畑を眺めに出るのですが、昨日は出るなり血相を変えてすぐに戻って来ました。

「サツマイモがイノシシにやられてるよ!」

「ええっ! 本当に!?」 

 畑に出て見ると、確かに角地が何ものかに食い荒らされていました。

 足跡も残っています。f:id:ElderlyMom:20200910082034j:plain

 ワンちゃんを連れたおじいさんが通り、

「これはイノシシとハクビシンのしわざだな」

 足跡を指差しながら教えてくれました。

 ご近所さんの畑が、イノシシやハクビシンにやられているのは耳にしていましたが、我が家は国道に面しているので車のライトを嫌う害獣は近よらないものとたかをくくっていました。

 母は相当ショックだったようで、

「イノシシに食われる前に全部掘ってちょうだい!」

 怒り心頭です。

 干しいもをたくさん作るのを楽しみにしていたのです。

 それにしても、サツマイモのうねは3列もあります。

 これを一人で終わらせるとなると夕方までかかりそうです。

 ため息が出ました。

 実は今日はパートタイムの仕事を探しに行こうと思っていたのです。

 それどころじゃなくなったので、しょうがなく、朝食もそこそこに野良着に着替えて畑に出ました。

 掘ってみると予想通り小ぶりなイモばかりです。

 本来の収穫にはまだひと月もあるので仕方がありません。

 サツマイモを掘った跡地には玉ねぎを植える計画なのですが、それも害獣にやられてしまうのでしょうか?

 今から心配です。

 後で気がついたのですが、サツマイモと逆側に植えているサトイモのうねにもハクビシンの足跡らしきものが残っていました。f:id:ElderlyMom:20200915080443j:plain

 収穫は11月頃ですが、こちらもやられてしまうかもしれません。

 ご近所さんが次々と畑をやめる理由が納得がいきます。

 始まったばかりの私の農業Lifeは前途多難のようです。