elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年3月27日に閉店しました。以降、農作業と母親の介護に励みながら銀座の思い出と日常をつづっています。

ドンペリニヨン

 今日も東京に来ています。

 築地警察署に『風俗営業許可証』を返納するためです。

 5階の生活安全課に行くと30才くらいの男性職員が書類を用意して待っていてくれました。

 それらをめくりながら、

「ずいぶんと長いことやってたんですね。何の問題も起こさずに…」

 感嘆したようにつぶやきました。

 客とのもめごとや、ホステス同士のケンカなどで警察の世話にならなかったことを言ってるのでしょうか?

 それなら飲食代をめぐって一度だけあったのですがカウントされなかったようです。

「ご苦労様でした」とねぎらってもらって署を出ました。

 数日前は消防署に『防火管理者証』を、保健所には廃業届けを添えて『営業許可証』をそれぞれ郵送で返納したので、私がすべき店舗営業に関する手続きはこれで全部終了です。

 肩の荷がおりました。

 あとは帰るだけですが、電車の乗り換えが3回とバスにも乗るので片道4時間近くかかります。

 いつもなら憂鬱になるところですが、今日はそんなことはありません。

 家で、写真のドンペリニヨンが待っているからです!f:id:ElderlyMom:20201009093918j:plain

 人気の高い高級シャンパンです。
 
 昨日の夜から冷やしています。

 今の地に移って半年になりますが、お酒はほとんど飲んでいません。

 やめたに等しいです。

 今日はごほうびで、特例です。

 このドンペリは閉店する時、お店からくすねて来ました。

 いつかここぞという時のために取っておきました。

 母を寝かせたら自室にこもってお気に入りのグラスで飲むつもりです。

 自室の窓から家屋の合間合間にですが海が臨め、そこから昇る朝日が見れます。f:id:ElderlyMom:20201009100322j:plain

 とてもきれいです。

 澄んだ夜は、星も月も眺められます。

 本来なら今日は満天の星を仰ぎながら飲みたかったのですが、近づいている台風の影響で無理そうです。

 残念ですが、それでも飲みます。

 多分、人生最後のドンペリです。

 かつてないほど味わって飲みます。