elderlyママのぼやき

元銀座のママです。長年続けてきたナイトクラブを令和2年4月3日に閉店しました。以降、地方に暮らしながら農作業と母親の介護に励んでいます。

クリスマスイルミネーション

 今月の半ば頃、銀座へ行こうと決めていました。


 資生堂本社ビルを彩るクリスマスイルミネーションを見るためです。


 大好きなイルミネーションで毎年楽しみにしていたので、ちょっとだけ見てすぐに戻るつもりでした。


 ですが東京のコロナ感染者が日に日に増えて、800人を越した時はさすがに怖くなり、行くのをやめました。


 万が一にもウイルスを持ち帰ったら大変なことになります。


 コロナ禍で苦戦を強いられている息子にクリスマスプレゼントを送る時、お店の最後のメンバーだった3人の女性にもプレゼントを送りたいと思いました。


f:id:ElderlyMom:20201223174634j:plain

 

 品物は、ピエールマルコリーニのチョコレートケーキです。


 当店と同じ並びにあったショップのウインドウを、彼女たちがよく覗きこんでいたのを思い出したからです。


 ですが、アマゾンに発注する数日前に、職を失った女性たちが配信しているユーチューブ動画を見てしまい、気持ちがぐらつきました。


 突然解雇された20代の女性が、残高の少ない通帳を公開して、


「来月は家賃が払えない。どうしよう」


 と、途方にくれていたり、

 
 会社が倒産した30代の女性が、


「食事は1日一食で、今日はこれだけです」


 と、具なしの焼きそばを作って見せていました。


 こうした動画を見るまで知らなかったのですが、このコロナ禍での女性の失業数は男性の倍だそうです。


 動画を見ていると、クリスマスプレゼントを送ろうと思った3人の女性たちに重なりました。


 彼女たちとは8月以降連絡が途絶えているのでその後の動向はわかりません。


 元気で頑張っているものと勝手に決めつけていましたが、もしかしたら動画の女性たちのように失業しているかもしれません。


 失業しないまでも、出勤日を減らされたり、お給料もまともにもらえていないかもしれません。

 
 そうしたところに届くマルコリーニのチョコレートケーキはどうしたものなのでしょう?

 
 深読みと思いつつ、考え込んでしまいました。

 
 そして送るのをやめました。
 

「コロナが収束したら同窓会をしよう」


 と約束しているのでその時に渡すことも出来ます。


 何よりも、医療体制がひっ迫して、日本中が第3波の恐怖におびえているこの状況下に、


「みなさん、こんにちは。ガ-スーです」


 と、はにかみながら挨拶して、国民の気持ちをさかなでした菅総理のような真似だけはしたくない。
 

 今年のクリスマスはツリーもイルミネーションも見れないで終わりそうです。


 資生堂本社のイルミネーションは今年は従来の赤一色ではなく、医療従事者への感謝と敬意を込めて青を灯すそうです。


 来年はあのルビーのように煌めく深紅のイルミネーションに戻ることを願ってやみません。

 
 3人の女性たちも幸せなクリスマスでありますように。


f:id:ElderlyMom:20201223123907j:plain